まずはお電話ください。➡06-6313-8866

遺産相続が起こった際の手続きは、ほとんどをご自身でで行わなくてはいけないものです。被相続人の死亡届の提出から相続税の申告まで大変な作業が待っています。遺産相続専門の弁護士にご相談いただいて悩みを早急に解決をしてください。

●遺産分配やに不満が有る。
●遺言書の内容が納得いかない。
●被相続人への介護や色々な面倒を看てきた分を考慮して欲しい。
●自分にはどれくらい相続できるのか?


問題例を挙げるとキリは有りません。ときには骨肉の争いになり修羅場も目にすることも多々有ります。
インターネットでもご自身で調べる方も多いと思いますが、結果的には大変な労力や金銭を費やしてしまいます。
そんなとき先ず弁護士による無料相談を受けてください。当法律事務所では早期解決を目指してあらゆる角度から法律に則り解決してゆきます。


弁護士に相談することにより、解決の仕組みが手に取るように分かりやすくなります。

■遺産を取得するための必要不可欠な手続きが目から鱗が落ちるように判ります
■自分にはどの程度遺産を相続できるかが分かります。
■遺産相続で対立する相手の主張も判断できます。
■何より、難しい法律用語や相続に関する専門知識がなくても、正当な遺産を相続できます。

遺産相続おける一般的な流れについて

■遺産相続は相続開始から7日以内に行う以下の手続きを行います。
被相続人の死亡届の提出を死亡後7日以内に行う必要があります。
●手続きの際に必要な物
・死亡届:1通(届出用紙は全国共通です。)
・死亡診断書または死体検案書:1通
・届出人(親族または同居者等)の印鑑
■相続開始から3ヶ月以内の手続き
先ず、遺言書の有無の確認を行います。
遺言書の有無の確認は非常に重要です。独自で遺産分割協議を行った後に遺言書が出てきた場合、再度遺産分割協議をやり直す必要があります。また、遺言書は開封の方法や内容によって行う手続きが変わってくる場合があります。よく確認しておくことを強くお勧めします。
●遺言書を勝手に開封してしまうと罰金に課せられることになります。
また、被相続人が重度の認知症で遺言を作成する能力がなかったり、遺言能力がないのに作成された公正証書遺言も無効になります。
遺言書の開封および被相続人に遺言能力がないことを証明するには、裁判所の検認作業が必要になります。
このような裁判手続きは非常に複雑で難しい物です。


●遺言書が有効かどうかわからない
●遺言書が原因でトラブルになっている
●遺言に明らかにおかしな内容がある
●遺言書の内容に不満がある
●遺言で侵害された遺留分の扱いは?
●正しい遺言書を作りたいなど


迷わずお電話ください。➡06-6313-8866

遺言書は普通3種類あります。特例として特別遺言書があります。

遺言書とは故人が遺族の遺産相続を円滑に進められるよう、遺産相続に関する指示書です。遺産分割方法の指定や相続人同士のトラブル防止、また自分の遺産を意思どおりに扱う旨などを明記したものです。


●【自筆証書遺言】 自筆証書遺言の場合は裁判所の「検認」が必要
特に自筆証書遺言の場合は書き方のルールを無視すると、遺言書としての効力がなくなりますので、正しい書き方を弁護士に相談し作成するのが望ましいです。
●【公正証書遺言】 承認二名以上の立会いが必要
●【秘密証書遺言】
●【特別方式の遺言書】 この遺言書は緊急時や、外界と隔離されている船の上または特殊な状態の者が書く遺言書です。

(民法第976条)
遺言者はこのいずれかの方法で、相続人へ遺言を残すことが必要です。

遺言書について絶対に知らなければならないこと!!遺産相続の豆知識をご覧ください。

Close Menu